FXデイトレード入門

FXデイトレードをするために求められる条件とは?

FXデイトレードとは、株のトレーダーがときどきテレビで取り上げられるようになり、一般にも認知されていますが、一日のうちに取引を完結させてしまう手法です。

株の場合は、ザラバ中(証券取引所のオープン時間中)に取引ができるのは実質的に主婦と専業とレーダーのみですが、為替の場合は取引に活気がでてくるのがロンドン市場オープンの夜6時以降ですから、昼間に働いているサラリーマンの方でも参加できます。

このサイトでは、業者選びだけでなく基本的な戦略・考え方などもご紹介していますから、どうぞそちらもご覧ください。

今デイトレトレーダーに選ばれている業者TOP3がこちら
DMMFX

↑最高峰の低コスト↑
FXトレードフィナンシャル

↑使いやすさ抜群↑
外為オンライン

↑総合力で人気↑

FXデイトレードで初心者にもおすすめなのはどこ?

FXデイトレードの有効性と難しさとは

2008年の相場急変時に、ポジション持ち越しによって大きな損失を出してしまったトレーダーが多く出ました。ポンド円は230円から120円と100円以上を超える変動もありました。

このような激しい為替の動きに対して、ポジションを持ち越すことへの危険性が指摘されるようになりました。特に、金曜日から休みを二日挟む月曜日への持ち越しは、窓明けなどの大きなリスクが存在します。

デイトレではこれらのリスクを回避することができます。

しかし、デイトレには独自の難しさもあります。

まず、短期トレードはテクニカル分析の重要度が非常に高くなります。特に、モニターを見ながら成行でトレードするような比較的短い時間でのトレードでは、損切りのライン設定などが難しく、どこに設定するかを分析するのかが肝になります。

取引量が増えるため、負けを小さく圧縮することも最終損益でプラスを増やすために必要ですから、これからデイトレにチャレンジする方はこのポイントにも力をいれてみてください。

FXは証拠金取引なため本来必要な金額より大きな取引をすることができます。相場の急変時には証拠金以上の損失が出てしまうこともあります。リスクの確認と自己責任による投資判断をお願いします。