FXデイトレード テクニカル分析

FXデイトレードでのテクニカル分析の基本とは?

FXデイトレードのような短期勝負の場合、
テクニカル分析が重要です。

そこで、基本的な指標から最近名前を聞くあの指標まで
広く解説していきます。

基本中の基本は『移動平均線』

過去の一定の期間の平均をチャート上に描いた線のことです。
最も基本的な分析方法なので、必ず知っておく必要があります。

平均値より現在の値が上ならば上昇中
下ならば下降中といった見方もできます。

長期移動平均線と短期移動平均線という
対象期間の異なる二つの平均値の変化から
ゴールデンクロスやデッドクロスなど
交わり方で相場を見る手法が有名ですね。

注意事項としては、業者のチャートソフトによって
どの期間の平均なのかが違ったりするので
必ずいつの平均なのかを確認しましょう。

移動平均と偏差値を使った『ボリンジャーバンド』

一般的には二つの線があり、
それぞれを上抜いたり下抜いたりする
ことで相場を判断する指標です。

移動平均と標準偏差を使って
現在の値が過去の一定期間でどういう位置にあるのか
を視覚的に表現してくれます。

ただし、上値から反発するのか
勢いにのってそのまま上がっていくのか
という判断はできないため
これのみで投資判断を下すのは危険な指標です。

今デイトレトレーダーに選ばれている業者TOP3がこちら
DMMFX

↑最高峰の低コスト↑
FXトレードフィナンシャル

↑使いやすさ抜群↑
外為オンライン

↑総合力で人気↑

FXデイトレードで初心者にもおすすめなのはどこ?

FXは証拠金取引なため本来必要な金額より大きな取引をすることができます。相場の急変時には証拠金以上の損失が出てしまうこともあります。リスクの確認と自己責任による投資判断をお願いします。